6/16,17『コプティック製本』at ippo plus (大阪)

『コプティック製本』
コプティック製本は中世の時代に生まれた製本方法で、羊皮紙や
木を表紙に製本されていました。折丁同士をチェーンステッチで
繋いでいく製本は背に見える糸の模様も美しくページも開きやすい
本になります。今回は表紙を見返しで繋いだ仕様で教えます。
いろいろな紙を用意しますので、本文と表紙、見返し、糸の
組み合わせをたのしんでいただけたら。
少し難しい製本ですので、糸綴じの製本のクラスをお受け
いただいた方に限らせていただきます。

*復習セットを1,800円で販売します。
本文紙を折丁にしたもの、表紙の芯の厚紙、 表紙に包む紙、
見返し、糸、コプティック製本用のカーブ針
(半円状に曲がった針)、糊を小分けにしたものを含みます。
糊を入れる容器をお持ちの方はご持参ください。
ジャムの空瓶、蓋付きのプラスチック容器など

持ち物:筆記用具、カッター、カッターマット、はさみ、目打ち、
定規、ヘラ、重し、テフロンのヘラ
*糊を使う作業がありますので汚れてもいい服装、又はエプロンを
ご持参ください。

○日程 2023年 6月16日(金)、17日(土)
○時間 13:00 – 17:00 (間にお茶の休憩があります)
○場所 ippo plus
○参加費 9,900円(材料費・税込)
○申込 下記の申し込みフォームよりお申し込みください。
※参加希望日、名前(複数人の場合はそれぞれのお名前)、
電話番号を記入の上、お申し込みください。

workshopのお申し込み

Name*

Mail Address*

希望する日時等