4/28,29『小さな丸い箱』at saicoro (東京)

『小さな丸い箱』
箱づくりは製本家の仕事のひとつ。特装本などは箱入りが
多く、中身に合わせて土台を組み立て合う貼り紙をします。
本に合わせるので四角い箱をつくることが多いですが、
今回は丸い小さな箱の作り方を教えます。芯に使用するのは
紙管、底と蓋の上部にボール紙を貼り付けてまずは土台を
つくり、そこに布や紙などお好きなものを選んでいただいて
貼っていきます。蓋がきちんと閉まるように身の内側に
立ち上がりをつけて完成です。
箱の表面をなめらかにするために紙やすりを使用します。
糊も使うのでエプロンをご持参いただくか汚れてもよい服装で
お越しください。
箱は直径50mmほどのと少し大きい75mmほどのからお選び
いただきます。切手やボタン、アクセサリーなどを入れるのに
よいサイズかなと思います。少し難しいのでこれまでに
受講された方を優先とさせていただきます。

*参加費のお振込を確認後、ご予約完了とさせて頂きます。
*復習用に、1セット(土台の紙管、ボール紙、貼る紙、糊)を
2,000円で販売しますのでお申し込みの際にお伝えください。

○日 程 2024年 4月28日(日)*満席, 29日(月・祝)*残2
○時 間 13:00 – 18:00 (間にお茶の休憩があります)
○場 所 書肆サイコロ
○授業料 9,900円(材料費・税込)
○定 員 各9名
○申 込 下記の申し込みフォームより
*参加希望日、お名前(複数人の場合はそれぞれのお名前)、
お電話番号を記入の上、お申し込みください。

workshopのお申し込み

Name*

Mail Address*

希望する日時等