10/6,7『一枚の紙でできること』at 読書人隣り (東京)

製本ワークショップ『一枚の紙でできること』

このクラスでは製本の基本の道具である骨のヘラ(bonefolder)と
テフロンのヘラ(teflonfolder)を使い紙をきちんと折る練習から
始め、一枚の紙を折り畳んでできる封筒とカード、CDケース、
正方形の小さな本のようなカードのようなものなど、5種類の折り方
を教えます。折り畳んだ紙に切り込みを加えたり、折りの向きを
変えるだけで一枚の紙からさまざまな可能性が広がります。
招待状や手紙などにどれも応用できる折り方ですので、本づくりが
初めての方も、経験者の方でもたのしんでいただける内容です。

持ち物:筆記用具、普段お使いのカッター、カッターマット、
    はさみ、定規、骨のヘラ、テフロンのヘラ(お持ちの方)

*骨のヘラとテフロンのヘラはお貸しします。
他にお持ちでないものがあればお貸しします。
*復習分の材料費(5種類分の紙)は800円です。
ご希望の方は事前にお知らせください。

○日程 2022年 10月6日(木)、7日(金)
*両日とも同じ内容です。ご都合のよい日をお選びください。
○時間 13:00-17:00(間にお茶の休憩があります)
○場所 読書人 隣り
○授業料 6,600円/1回(材料費・お茶)
*お支払いは当日現金でお願いします。
○定員 各10名
○申込 下記の申し込みフォームより
*人数、連絡先、復習セットをご希望の方はお知らせください。

workshopのお申し込み

Name*

Mail Address*

希望する日時等