'芳名帳'

2019年11月 制作
造本/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

'guest book for TORICI'

bookbinding + design/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

展示会に来ていただく方のための芳名帳。
箱入りで、白っぽくということでこの形になりました。

a white guest book in a white slip case ordered by
TORICI.

いろんな白い紙を綴じこんでいます。
しろーいノートなので、一つポイントにピンクの糸を
使いました。

bound various types of white papers with fishing line and
pink line on the edge.

糊を使わない製本なのでとても開きがよいのが
特徴です。

It’s non-adhesive binding so ittopens very flat,
and it’s nice to write in.

'手帳'

2019年11月 制作
デザイン + 造本/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

'diary book for 2020'

bookbinding + design/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

2003年からつくり始めた手帳。自分のためにとつくり始めたものが
いつしかオーダーを受けるようになってもう15年が経ちました。
列帖装の製本を元に、釣り糸を用いて綴じるこの製本はヴェロニカさん
のところで働いていたときに教えてもらったもの。ページには集めて
いた包装紙やDMなどを挟み込んで綴じています。オーダーを受け始め
てから、依頼者の好きなサイズ、デザイン、そして好きな紙も入れ
込んで作っています。

I started making my diary using a binding technique influenced
by Veronika’s work. It’s a Japanese traditional ”retch so” binding
using fishing line. It opens very flat, and the fishing line is hardly
visible, and it’s nice to write in. The text blocks come from
the papers I collect throughout the year : wrapping paper,
exhibition fliers, etc.
At first I made it for myself, but then my friends asked me to
make some for them, so eventually I started taking orders in 2004.

表紙の紙もそれぞれ異なります。sちゃんのは薄いグレーの紙を
表に、裏は羊毛を漉き込んだ羊毛紙を使っています。

grey paper on the front and white paper with wool on the back.
I chose the papers for my friend who is pattern maker for
a fashion brand.

リングノートの端を最初のページに。

first page from the spiral ring notebook.

一年半分のカレンダーを最初に載せています。

one and a half year calendar on the second page.

見開きひと月のカレンダーは、月曜始まり、日曜始まり、
英語、フランス語、ドイツ語表記などさまざまです。

monthly calendar on the facing page, starting from Monday
or Sunday, in English, French German...etc and options
can be added upon request.

'紙縒で綴じるノート'

2019年10月 制作
造本/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

'watoji notebook'

bookbinding + design/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

雁皮紙の紙縒で綴じた和綴じのノート。
表紙には今年の夏の終わり、庭で咲いていた百日紅の
花を施しました。

notebook bound with twisted ganpi paper.
decorated crepe myrtle which I picked in the garden
at the end of this summer on the cover.

『裁縫箱」展 at 月日荘

2019年8月 制作
箱制作/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

oval and round boxes for 'the sewing box exhibition' at tukihiso

box making/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

製本作業でも裁縫道具と同じように針山や糸切りバサミを使います。
自宅用には陶器のペン立てに入れていますが、ワークショップで持ち歩く
ときは紙の箱に入れて持ち歩いています。

『裁縫箱』展への参加のお誘いをもらったときに最初に思い浮かんだのが
オーバルの箱。1月のippoでの展示のときに初めてつくってみました。
四角い箱ばかりのなかでちょっとテイストの違うオーバルの箱は
最後まで残っていたのですが、「え?これよくない?」と最終日に手に
取ってくれたのは御菓子丸の早陽子さん。
まだ空っぽのままお気に入りのものを入れる棚に入っていると聞きました。
それだけで嬉しい。

小さな丸い箱は針山にしても、大きいオーバルの箱には道具が一式
入ります。土台を組み立てるのがちょっと難しいのですが、布の切れ端や
針道具などを入れるのにはこの角が丸い方がいいとのツゲちゃんからの
アドバイスもあったので自分用にもつくってみようかな。

『尹 煕倉 Sand River Work
-瀬戸内 guntûのために』
特装の箱

2019年3月 6部制作
文章/ 尹煕倉、堀部安嗣
編集/ 森桜
デザイン/ 木村幸央
特装の箱制作/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

special box for『Yoon Heechang
Sand River Work -for guntû』

works and text/ Yoon Heechang, Yasuji Horibe
Editor/ Sakura Mori
bookdesign/ Yukio Kimura
box making/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

美術家の尹 煕倉は、旅人の眼でその土地、その町に
しかないものを材料にして各地の川で砂を採取し、
顔料にして絵を描いています。今回は初めて瀬戸内海を
めぐる客船「guntû」のために海の砂を採取して、
絵画「Setouchi」を描きました。

Artist Yoon Heechang collects sands from rivers
to make pigments to paint with using
the perspective of a traveler and materials unique
to the place or the town.
This time, he collected sands from around Seto
Inland Sea and drew the Setouchi landscape for
a cruise ship 'guntû' for the first time.

冊子のデザインは木村幸央さん、この本の制作に
関わった方々に渡したいと、特装の依頼を
いただきました。冊子の表紙には瀬戸内の地図が
印刷されています。印刷サンプルを頂いたので、
箱の片面と背に用いました。3冊分並べると、
関門海峡から淡路島まで、尹さんがめぐり、
そして客船guntûの航路の風景が浮かび上がり、
遠い場所からその風景を眺めているような
もうひとつの景色を見ているような箱に
仕上げました。

『Yoon Heechang Sand River Work -for guntû』
book designed by Yukio Kimura and he asked
me to make special boxes for the people involved.
I used the printing sample which printed the map
of the Seto Inland Sea for the cover of the box.
The viewers will experience the Sea where he
traveled and the routes of the cruise ship
'guntû' as if observing the self looking at
the paintings from somewhere faraway.

round box for postcards

制作/ 2018年6月
箱/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

boxmaking/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

荷物を送るとき、お礼を書きたいときのためにストックして
おきたいポストカードや一筆箋。
蓋のある箱にしまっておくとほしいものをすぐに
取り出せないので蓋をつくらずにそのままにしてあった
丸いケースに入れるようになりました。
ほしいカードも一目瞭然、すぐにヒョイっと取り出せるのも
よいところ。それ以来、目につくところにいつも置いて
綴じたノートなども入れています。
和紙をプリーツ状にしてストライプをつくったものや、布を
覆ったりしてたのしんでつくっています。

I've been collecting postcards for writing greeting cards
and writing papers and envelopes. Once I made a round box
without a lid and found that it's nice to take postcards out easily.
Since then I put it on my working table and keep collecting
cards imagining someones faces.
covered with cloths and pleated thin washi paper on it.

'writing paper & envelopes'

制作/ 2018年6月 30部制作
封筒と函/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

jun. 2018, 30 editions
envelopes and case/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

ananas press『エアメイル』展に合わせて
レターセットをつくりました。
便箋は『エアメイル』からランダムに、
封筒は祖母の書いた手紙から型をとって
います。

writing papers were chosen randomly from
『AIR MAIL』by ananas press.
the form of the envelope came from a letter
from my grandma.

ananas press
”Letters from Reiko 1975-1984”

2017年10月 1部制作
箱制作/ 都筑晶絵
タイトル/ 星幸恵
写真/ 湯浅哲也

box making/ Akie Tsuzuki
title/ Yukie Hoshi
photo/ Tetsuya Yuasa

”Letters from Reiko 1975-1984”は、わたしの
祖母が祖父の仕事の都合で1975年から1984年の
間にアメリカに住んでいた頃、日本に暮らす
祖母の母である曽祖母に宛てた手紙を綴じ込めた
作品です。

”Letters from Reiko 1975-1984” enclosed
about 80 letters written by my grand mother
in the United States to her mother (my great
grand mother) in Japan about 40 years ago.

'mini round box'

制作/ 2018年5月
箱 / 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

box making/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

『エア メイル』展のためにつくった切手を入れる小さな箱。
アメリカから送られた祖母の手紙にも70年代、80年代の
アメリカらしいデザインの切手が貼られていました。
祖母が選んでいたのかな。

mini boxes for collecting stamps made for the exhibition
'AIR MAIL' I found beautiful stamps on the letters from
my grand mother in the U.S. in 1975-1984.

展覧会のDMにはこの切手を貼りました。
『手紙は羽ばたく鳥のように飛んでいくのではないかと思う
ときがある。離れ小島でも遠い外国でも、ごくさりげなく手紙が
とどく。苦労の影は少しもみせずにうれしそうに手紙は
飛んでいく』(通信文化新報 H5.7.1)
93年のふみの日切手、やなせたかしさんのデザインです。

I send postcards of our exhibition with this stamp to my friends.
It designed by Takashi Yanase in 1993,
"Letters seems like flying birds, reached it casually
even to the small island or far away country.
It seems flying happily without struggling."

'ドローイング・ノートブック'

2017年9月 15部制作
ドローイング/ 森北伸
造本/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

'drawing notebook by Shin Morikita'
15 editions
drawing/ Shin Morikita
bookbinding + design/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

十和田現代美術館での展覧会、『遠くからでも見える人 
森北伸 展 絵画と彫刻』のためのオリジナルノートブック。

Original drawing notebook for the exhibition at Towada
Art Center in Aomori prefecture in Japan.

高校生のときからお世話になっている彫刻家の伸ちゃん、
アトリエで選んだドローイングは どこを切り取っても
伸ちゃんらしさがあって、どこにもないオリジナルな
ノートブックに仕上がりました

We've been knowing each other since I was teenager,
so it's honored to be able to work with him.
I picked up different original drawings for each notebooks,
but it shows himself whichever of them I chose!

'つつみのことわり' のための箱

2017年1月 1部制作
箱制作/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

box making/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

つつみのことわり「包之記」の研究 / 山口信博と折形デザイン研究所
の特装の箱をつくりました。
グレーボールでつくった夫婦箱を和紙で包み、「つつみのことわり」の
本でも使用した版でタイトルをつや消しのスミで箔押ししています。

special clamshell box ordered by a graphic designer Nobuhiro Yamaguchi an author of 'つつみのことわり'.
grey cardboard box wrapped with Japanese paper, and the title embossing with black foil.

'紙花 by 具本昌' のための箱

2017年1月 10部制作
箱制作/ 都筑晶絵
写真/ 具本昌

box making/ Akie Tsuzuki
photo/ Bohnchang Koo

韓国の写真家、具本昌さんの ' 紙花 ' シリーズを
納めるための特装の箱。
大きさは約540mm x 360mm、額縁の中にプリントを 
入れるような仕様にしています。

Special boxes for Korean photographer, Bohnchang Koo
which contains the series of his prints '紙花 paper flower'.
The size is approximate 540mm x 360mm, you'll see
the prints in the flame-like box.

韓国の宮中文化として伝統行事の際につくられていた '紙花_ jihwa'
ですが、いまではほとんど見かけることはないそうです。
それを貴重な文化のひとつとして伝えるために具さんとjihwa研究者の
方によって写真に残したのです。

traditional Korean paper creations- “jihwa” -were appreciated
for aesthetic values and cultural symbolism by photographer
Koo Bohnchang and jihwa researcher Kim Tae-yeon

Though mostly forgotten today and occasionally mentioned
as a genre of “hanji” (traditional paper) crafts, jihwa have held
important symbolic meanings in Korean culture, according to Kim.

タイトルは「紙花」、具さんを紹介していただいた
山口デザインの山口信博さんに活版印刷でタイトルを
つくってもらっています。

title for letterpress printing on the lid by Nobuhiro Yamaguchi
whom a good friend with Koo san.

'care of press book'

2017年1月 18部制作
製本 + スリップケース/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

bookbinding + slip case/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

'care of press book'

2017年1月 18部制作
製本 + スリップケース/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

bookbinding + slip case/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

山口デザイン事務所がデザインスタディとして
18年にわたり制作してきた'care of press’ の冊子を
一冊に仕立てました。

I bound 'care of press' booklets which Yamaguchi
Design Office has been making over eighteen years
into a hardcover book.

'guestbook'

2015年3月
製本/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

bookbinding/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

展覧会のための芳名帳。格子柄のフランスの古い紙を本文にして、
糸綴じをしています。観音折りにした表紙と背をつないだ製本、
スイスにいたときにBenjaminに習った綴じ方です。

guest book for the exhibition.
using french old plaid paper and bound with linen thread.
unique binding which I've learned from Benjamin who is
my classmate in Ascona.

くるみ製本と異なり、表と裏、背にそれぞれ違う布を用いることが
できます。開きもよいので書き込むのに適した製本です。

it's different from case binding, so I chose different clothes for both side
of the covers and the back. it opens flat and nice to write in.

'round boxes for tarte à l'ananas'

制作/ 2016年6月
箱 / 都筑晶絵
写真/ 鈴木孝尚

box making/ Akie Tsuzuki
photo/ Takahisa Suzuki

愛知、蒲郡で活動するaccessories mauさんの
企画するイベントのための箱。
初夏のさわやかなパイナップルのタルトは
nokos à l'étageののこさんがつくってくれました。
mauさんのアトリエでの初めてのイベントなので、
彼女のつくるアクセサリーをイメージして貼り紙を
選びました。

150mm round boxes for early summer event
'mau×analog' at uraya where is a studio of
accessories mau in Gamagouri, Aichi.
It's a box for a tarte à l'ananas by nokos à l'étage.
Papers and clothes for the cover which I've chosen
for mau and nokos.

'grey round box'

制作/ 2015年9月
箱 / 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

box making/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

小さな丸い蓋付きの箱。
身の外側にはmonSakataのグレーの布を、
蓋には実家の倉庫で見つけた古い和紙を
貼っています。熨斗用に染められた裏側の顔料が
赤く滲み出てきれいです。

a small round box.
using grey cloth for the bottom, and dyed red on
an old washi wrapping paper for the lid.

'frame'

制作/ 2015年10月
額装 / 都筑晶絵
画/ 湯浅景子
写真/ 湯浅哲也

frame making/ Akie Tsuzuki
picture / Keiko Yuasa
photo/ Tetsuya Yuasa

湯浅景子さんの小さな絵のための額装。
外枠は濃い藍色のクロスを、内枠は
ボール紙に和紙を貼っています。木の額と
違って見た目にも、持っても軽く、
真ん中の凸に掛けているので取り外す
こともできます。

Frame for a small picture by Keiko Yuasa.
Used a dark indigo cloth for the outer
frame and Japanese washi paper for
the inner frame.
Paper frame looks light and it is lighter
than wooden frame.

'deformation square frame'

制作/ 2015年10月
額装 / 都筑晶絵
切手画/ 湯浅景子
写真/ 湯浅哲也

frame making/ Akie Tsuzuki
stamp / Keiko Yuasa
photo/ Tetsuya Yuasa

湯浅景子さんの切手作品のための額装。
台形や三角形のコンポジションの絵に
合わせて、変形四角形のフレームを
つくりました。
マットには淡い茶の革を使っています。

Frame for a stamp by Keiko Yuasa.
Used a brown leather for the mat on
the deformation square frame.

'oval boxed-frame'

制作/ 2015年10月
額装 / 都筑晶絵
切手作品/ 湯浅景子
写真/ 湯浅哲也

boxed-frame making/ Akie Tsuzuki
stamp / Keiko Yuasa
photo/ Tetsuya Yuasa

オーバルの額に切手を入れています。
パレットナイフのような画の後ろには、
メスの替え刃の包み紙を覗かせています。
フリーハンドでカットしているので、
少しいびつなオーバルになりましたが、
それもよいかなと。

Stamp in the oval shape boxed frame.
Used a wrapping paper for the surgical
blades on the background.
Deformed oval shape by hand cutting
looks good for it.

‘小さなノートのための箱'

制作/ 2015年9月
箱 / 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也
サイズ/ 112 x 72 x 24mm

'box for a small notebook'
boxmaking/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

2001年、フランスに留学していたときに、
フランス人製本家Paule-Amlineのアトリエで
つくった小さな小さなノート。
蚤の市でみつけた糸綴じのノートを綴じ直し、
淡いグリーンの布装にしています。

A tiny notebook which I made at
Paule-Ameline la Reliure when I was
in Paris in 2001.
I found it at Marché aux Puces and
tried to re-bound it with a pale green
cloth for the cover.

あれから15年が過ぎ、あのアトリエでの
時間を思い出しながら、小さな家のような
箱をつくりました。

Fifteen years have passed since I bound
a notebook. I made a box housing for it
and it reminds me the time when I was there.

'ippo-plus のための箱'

制作/ 2015年8月
箱 / 都筑晶絵
デザイン/ Kamimura & Co.
写真/ Kamimura & Co.

'box for ippo-plus'
boxmaking/ Akie Tsuzuki
design/ Kamimura & Co.
photo/ Kamimura & Co.

穂[ippo]のサロン[ippo-plus]に来ていただいたお客さまの
記録を残すための芳名紙の束を納めるための箱です。
箱の背にはippo plusのタイトルと、ナンバーが1から10まで
箔押しされています。サロンの度に箱に芳名紙が入り、
10個の夫婦箱が大きな箱に納められるようにしています。

穂[ippo] is a natural yeast bread bakery only and also holds
a salon [ippo-plus] and asked me to make 10 boxes for keeping
the visitor's register on every salon.
Title and the number is tooled on the back and I made
bigger box to put 10 clamshell boxes in.

'ippo-plus のための箱'

制作/ 2015年8月
箱 / 都筑晶絵
デザイン/ kamimura typografie gestaltung
写真/ 湯浅哲也

'box for ippo-plus'
boxmaking/ Akie Tsuzuki
design/ kamimura typografie gestaltung
photo/ Tetsuya Yuasa

穂[ippo]は、焼き立ての天然酵母パンをお届けする
配達専門のパン工房。お店のないパン屋さんの
ご自宅でのサロン[ippo-plus]に来ていただいたお客さまの
記録を残すための芳名紙の束を納めるための箱です。
箱の背にはippo plusのタイトルと、ナンバーが箔押し
されています。

穂[ippo] is a natural yeast bread bakery only for delivery.
She also holds a salon [ippo-plus] and asked me to make
boxes for keeping the visitor's register.
Title and the number is tooled on the back.

'menu for nokos à l'étage'

2015年5月
6部制作
デザイン/ 溝田尚子
造本 + 箔押し/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

type design/ Naoko Mizota
bookbinding + title tooling / Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

名古屋、国際センターにあるケーキ屋さん、
nokos à l'étage のためのメニュー。
季節のフルーツを味わうことのできるケーキは、
毎日メニューが変わるため、毎朝の仕込みの後に
nokoさんが書いて完成です。
15年ほど前に製本留学していたパリのアトリエから
持ち帰った麻のクロスを表紙に、手書きのロゴを
版にして、箔押ししています。

A menu book for nokos à l'étage, patisserie in Nagoya.
Chef writes a seasonal daily pastry and put into
the menu book before the shop opens every morning.
White linen cloth for the cover which I brought back
from Paris about fifteen years ago when I was studying
bookbinding.

'works for mon Sakata exhibition'

2015年3月
製本/ 都筑晶絵
写真/湯浅哲也

bookbinding + box making + frame/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

長野、ギャルリ夏至でのmon Sakataの坂田敏子さんとの展覧会
のための作品です。mon Sakataの2015年の春夏のコレクションの
生地をいただいて、布という素材と向き合って作品づくりをしま
した。敏子さんへのオマージュの気持ちも込めて、まるい箱、
ノート、封筒、額の作品が服と共に夏至の空間に並びました。

普段は紙を表紙につくるノートも、裏打ちした布ではやわらかな
風合いに、数十年前のmon Sakataのコレクションの手書きの
型紙も綴じ込んでいます。今回のコレクションではスカートや
ジャケットにもなっているシリコン加工が施された麻の布は、
縫製で残ったかたちが美しくて手を入れることができずにいた
ものをそのままに、和紙で何層も裏打ちを施し、軽やかに額装
した作品になりました。

'notebook x monSakata'

2015年3月
9冊制作
製本/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

bookbinding / Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

ギャルリ夏至でのmon Sakataの坂田敏子さんとの
展覧会のためにつくったノート。
monSakataのコレクションの布を表紙に使って、
手帳と同じ釣り糸で綴じています。

notebooks for the exhibition at galerie Geshi in Nagano.
fishing line non-adhesive binding with clothes
for the cover from monSakata collection,

'Rのための箱'

制作/ 2014年12月
箱 / 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

'boxes for café R'
boxmaking/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

東京、西麻布にある喫茶Rでの展覧会「箱展」のための作品。
オーナーの滝本さんとは製本教室に来てくださったことが縁で
知り合いました。百草での展覧会で再会して、展示のお誘いを
いただきました。

boxes for the 'box' exhibition at café R in Nishiazabu, Tokyo.
the owner Reiko Takimoto invited me to join the exhibition
when we met at her exhibition.

普段は本や印刷物を納めるための箱をつくりますが、
蓋のある箱ならなんでもということで円筒の箱をつくりました。
中身があってつくる箱と違って、中に入れるものを想像しながら
つくるたのしみがありました。

I usually make box to store a book and printed matters.
but she ordered me to make any shape of box with lid , so I tried to
make cylindrical boxes. It was fun to imagine what to store in it.

'Circle'

制作/ ananas press
2014年7月 200部制作
デザイン/ 山元伸子
造本/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

‘Circle’

published by ananas press / 200 editions
design/ Nobuko Yamamoto
bookbinding/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

『Circle』の展覧会は、circle gallery & booksを主宰する
丸山さんにお誘いいただいて、2014年7月に実現しました。
本のタイトル も『Circle』、いろいろな縁がかさなって、
ぐるりぐるりと世界をめぐってこの本ができました。

we had 'Circle' exhibition at circle gallery & books in July 2014,
were asked by the owner to have a exhibition and it happened
to us to make 'Circle' book.

表紙にはアーカイバルボードを使っています。フィラデルフィアの
Hediを訪れたときに彼女のクラスで使用したのがきっかけです。
ページを開くにはゴム状の素材でなければ、でもあまり目立っても
いけないし。そうだ、シリコンのチューブはどうだろう。
穴のサイズにもぴったり。ぐるりと通して中身とつないで、結びます。

Binding with a elastic silicone tube to thread into the archival
corrugated boards and sections. and then, I made knots on both ends.
It helps to open the page easily and which has also circler section.

‘wedding box'

制作/ 2014年6月
箱 / 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

'wedding box'
boxmaking/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

一段目、結婚式の写真を一冊のアルバムに。
二次会の写真を納めたミニアルバムと、
招待状も小さな箱に入れています。

An album of the wedding ceremony on the left,
and mini album and reception cards are stored
in small compartments in the first box.

二段目には芳名帳を二冊。
底にくぼみをつくって納まっています。

Two guest books are in the second box.
It stored in a hollow on the bottom.

友人夫妻の結婚式のカードと芳名帳をつくらせてもらったのが2010年。
それから、アルバムをつくって、集合写真の台紙をつくって、
二次会のミニアルバムをつくって、箱にきちんと納めて、やっとやっと
ふたりの元に届けることができました。

I made wedding reception cards and guest books for my friends' wedding
ceremony in 2010. After that they ordered me photo and portrait albums
and a box to store all the stuffs in.
I finally made it in a white three stacking box.

‘My Foolish Heart のための箱'

制作/ 2014年4月
箱 / 都筑晶絵
写真/ 奥山晴日

box for 'My Foolish Heart'

boxmaking/ Akie Tsuzuki
photo/ Haruhi Okuyama

千葉にある山の上のちいさな美術館、as it is での
T氏のコレクション展、'My Foolish Heart'の
カタログのための特装の箱。
館長でもある古道具坂田の坂田さん、デザインを
された山口さん、カタログの撮影をされた具さん、
そしてT氏のためにつくりました。

special edition box for a collection book of the exhibition
'My Foolish Heart' at museum as it is in Chiba, Japan.
Five boxes for the museum director, designer for the book,
Photographer and a collector Mr.T.

'coil'
(『糸りとり』のための作品)

制作/ 2014年 4月
写真/ 湯浅哲也

'coil'
apr 2014 by Akie Tsuzuki for Shiritori on Liverary
photo/ Tetsuya Yuasa

糸編み作家のなるじさんからの依頼で、彼女のwebコラム
「糸りとり」のための作品をつくりました。糸を使った作品で、
しりとりなので前の方のタイトルのおしりの文字からスタート、
わたしは『こ』で始まります。
mon Sakataの敏子さんからいただいた糸、手帖づくりで使う釣り糸、
それから製本用の麻糸を紙に巻きつけたり、つなげてつくりました。
タイトルは『コイル』になりました。

An art work for 'Shiritori' column on Liverary web magazine
directed by Aki Naruji, a knitting artist.
I took pieces of threads from mon Sakata, fishing thread
for my notebook, and linen thread for binding joined together
with pieces of papers, coiling around and around.

'落葉'
制作/ 2013年11月
造本/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

November, 2013
art work + binding/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

熱田神宮の参道で拾い集めた落葉を本に。
紅や黄色に色づいていた葉の色、消えてなくなる前に
本に仕立てる。あの日の空の色みたいな紙に。

I lost autumn colour of leaves which I picked up at
Atsuta Shrine in my pocket, so that I bound them
not to lose anymore.

'十字路と燕'

発行/ 2013年9月 スタジオマノマノ発行 
100部制作
著者/ nakaban
製本/ 都筑晶絵
印刷/ colonbooks
デザイン・写真/ 湯浅哲也

September, 2013 published by studio manomano
100 editions
author/ nakaban
binding/ Akie Tsuzuki
printing/ colonbooks
design + photo/ Tetsuya Yuasa

画家・nakabanによる文章と挿絵の入った詩画集を
studio manomanoの宮下香代さんの企画で制作。

poetry book with drawing by painter nakaban.
published by Kayo Miyashita for the book art exhibition.

丸穴から覗き込むと何処かの街の地図があらわれます。
何処かにありそうで何処にもない街に、
ページをめくるたびに迷い込んでしまいそう。
袋ページを平綴じ、表紙を包み込んで
マッチケースのような仕様、最後のページには
ひとつひとつ異なるちいさな版画が入っています。

First Nakaban drew the birds-eye view map and then he took
a long look at it as if it were a guide book to a strange country.
Then he 'stood' at various points on the map and saw the scenes
of his journey and started writing the story.

The cover has yellow foil tooling on two-sided (olive green outside
and brown inside) paper. There is a small linocut print
on the last page; each one is slightly different.

'いと'

発行/ 2013年10月1日 書肆壺中天 
500部制作
著者/ 宮下初子
製本/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

October, 2013 published by Kochuten press
500 editions
author/ Hatsuko Miyashita
binding/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

表千家師範の方からの依頼で制作した俳句集。
これまで着ていた着物をほどき、裏打ちを施して
表紙に用いている。

Anthology of haiku by tea ceremony teacher .
Japanese binding with different lining kimono cover.

表紙に合わせて5色の糸と見返しの紙を用い、
角切れをして、四つ目綴じで製本。

bound with five different colours of threads
and endpapers.

'栗木さんのための箱'

制作/ 2013年8月  5部制作
画/ 栗木義夫
箱/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

'box for Kuriki san'
5 editions
117 x 165 x 30mm
boxmaking/ Akie Tsuzuki
drawing/ Yoshio Kuriki
photo/ Tetsuya Yuasa

予備校時代の先生であり、現代美術作家の栗木義夫さんの
ドローイング作品集の箱。
名古屋のgallery feel art zeroでの 'The Book as Art' 展のために
パリで描かれたドローイングをひとつにまとめたもの。

Contemporary artist Yoshio Kuriki who is my teacher
when I was high school student.
The series of drawing for the exhibition 'The Book as Art'
at gallery feel art zero in Nagoya in a box.

13枚のドローイングをひとつのシリーズとして箱に納め、
一枚を箱のカバーに、好きな一枚を選んで額に飾ります。
栗木さんの手から生まれた素朴で不思議な形がどこか
懐かしいあの頃の思い出と共に箱に納まっています。

Thirteen pieces of drawings are in a box and selected
one for the cover of the box, and one for the picture frame.
Primitive and curious figure carried me back to the days
we've spent together.

'手帖とノート 2004-2013'

制作/ 2013年3月
写真+ デザイン/ 湯浅哲也
印刷/ colonbooks
製本/ 都筑晶絵

March, 2013
photo + design/ Tetsuya Yuasa
printing/ colonbooks
binding/ Akie Tsuzuki

colonbooksでの「手帖と製本の仕事」展のために制作した冊子。
2004年からつくりはじめた自分の手帖やノート、サイズも紙も
レイアウトもその年によってまちまちです。

A booklet of my diaries and notebooks for an exhibition
held to mark the tenth anniversary since I started making
diaries and notebooks.
They have different sizes, layouts and papers each year.

'十一紙' 都筑晶絵 宮下香代

制作/ 2012年11月 50部制作
製本/ 都筑晶絵+宮下香代
デザイン+写真/ 湯浅哲也

'Juichikami'
nov 2012, 50 editions
published by Akie Tsuzuki+Kayo Miyashita
bookbinding/ Akie Tsuzuki+Kayo Miyashita
design+photo/ Tetsuya Yuasa

2012年11月10日から25日にgallery feel art zeroで
宮下香代さんとの二人展で開催した、「十一紙」展で
制作した作品集。

'Jyuichikami' exhibition at gallery feel art zero,
Nagoya in November 10-25, 2012 collaborated with
paper artist, Kayo Miyashita.

ふたりで選んだ11の言葉を綴じた本と、それぞれの
作品の欠片が詰め込まれています。

11 words on Jacob's ladder structure book and
assorted each pieces of work in a box.

'TERRINE BOOK のための箱'

制作/ 2012年8月
本/ 「TERRINE BOOK」伊藤まさこ・坂田阿希子・仁平綾
アルバムと箱/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

book/ 'TERRINE BOOK' written by Masako Ito, Akiko Sakata, Aya Nihei
album and boxmaking/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

伊藤まさこさん、仁平綾さん、坂田阿希子さんによる「TERRINE
BOOK」のデザインを手掛けたcolonbooksの湯浅さんからのオーダー。
おいしいレシピと旅の写真、テリーヌにまつわる三人のエッセイが
詰まった本。
テリーヌを型から取り出すようなイメージで箱をつくりました。

ordered by Tetsuya Yuasa /colonbooks, who designed 'TERRINE
BOOK' by Masako Ito, Aya Nihei, Akiko Sakata.
Beautiful pictures has taken during their journey to Matsumoto,
Tokyo and Paris and recipes on the book.

本に載せることができなかった写真を二冊のアルバムに。
表紙と裏表紙には白いボール紙に箱と同じ紙を貼り、
イギリス製の treasury Tags で留めました。

two albums in a drawer of the pictures of their trip.
bound by treasury tag and white papers on white cardboard
as the cover.

'invitation card for mugihana 2nd'

制作/ 2012年5月 100部制作
デザイン+カード制作/ 都筑晶絵
写真/ 湯浅哲也

mar 2012, 100 editions
design+card making/ Akie Tsuzuki
photo/ Tetsuya Yuasa

代々木上原にある友人夫婦の花屋、mugihanaがちょっと大きくなって
6月にオープン、そのお知らせのためのカードを制作しました。
ちいさな車から始まって、たくさんの花と笑顔で溢れたふたりの
結婚パーティも、はじめて展覧会をさせてもらったのもあの場所で、
ふたりがいたからできたこと。

mugihana in Yoyogiuehara, a small flower shop has just opened
their 2nd shop in june 2012. they ordered me an invitation card
for the opening party to their friends and customers.
we've been knowing each other since they start selling flowers
on the street. soon they found a small space for their first mugihana.
they had their wedding party with full of flowers and friends,
and my very first exhibition, everything at there with them.

『風に乗った種子が、大地に芽を出し、根を張り、
少しずつ枝を伸ばして、空にむかって葉を広げるように。』
麻ちゃんの言葉があってこの形になりました。
ありがとうと、これからもよろしくねの想いを込めて。

'The seeds will sprout and grow up, the roots will spread,
twigs with leaves will reach to the sky'
it formed by their warm message.
my deepest gratitude and best wishes for them!