makingはまだ続きます

2018.12.13

国立のmuseumshopTでの展示が始まりました。断裁やさんに行ってそのまま新幹線に飛び乗って搬入、当日の朝もオープンまで事務所で作業して完成した、出来立てほやほやの本です。ふたりとも焦っていたけれど、初日はのんびりスタートだったので、みなさんとゆっくりお話しできてよかった。9月の展示のときにいただいたコーヒーが美味しくて、そのことをDMに書いたらまた買ってきてくださって(涙)催促したみたいだってnちゃんは笑ってたけど。ディモンシュコーヒー、大事にいただきます(大浦さん、ありがとー!)

日曜は、5年ぶりの東京でのワークショップでした。2010年の終わりに白金の教室を閉めて、それからは世田谷ものづくり学校を使わせてもらっていたけれど、担当の方がいなくなってしまったのもあって遠のいていました。それでも忘れないで待っていてくださって、そして初めましての方も加わってたのしく教えることができました。いつもより時間が短かったので駆け足でしたが、みなさんちゃんと仕上がってよかった!ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。そしてテフロンのヘラのこと、ほしい方、ご連絡お待ちしています。

展覧会は24日まで続きます。期間中の週末はnちゃんが2時くらいから在廊します。これまでの本のこと、道具のことなど、ぜひ聞いてみてくださいね。

来年1月の終わりには大阪の吹田にあるippo-plusで初めて展覧会をします。これまでにオーダーでつくらせていただいた本や特装の箱を借りて展示する予定です。初日の26日にはデザイナーの山口さんとのトークも予定しています。関西に知り合いがあまりいないのでどうなるかなと不安もありますが、たくさんの方に見ていただけたらと思っています。詳細はまた。


十二月十三日 木曜日(クリスさんに会っちゃった!)