田中さんの布

2017.03.06

ここは永久 永久とはここ (ここはとわとわはここ)


クロネコさんからの不在票がもう二日も過ぎてしまっていたから連絡しなくちゃいけないでもまだちょっと体調もよくないし、何時間も待てるかなと考えていたらクロネコさんがやってきた。すでに何度も再配達に来てくれていたので不在にしていたことを詫びたら、「ここはいつも通る道だからだいじょうぶ、何日もいないから心配しちゃったよ」と笑顔が返ってきてこちらもうれしくなった。

☆さんから届いた荷物にはきらきらが詰まっていて、こぼれおちそうなのを必死でかき集めた。必死だけど思わず声が出てしまいそうなくらい口からも笑がこぼれおちそうで、☆さんに会いたくてたいへんになった。いただいた福田尚代さんの新刊「ひかり埃のきみ」を読んでいると、ページの言葉があっちからもこっちからもふわふわ浮かびあがってきてそれをつかまえるのも必死だ。


3/10から桜山にある月日荘『正藍型染師 田中昭夫の新作染め布と、若い衆とのコラボ展』に若い衆のひとりとして参加します。田中さんの藍染めの布をつかって、バッグや服、小さな箱やアクセサリーをいろんな作家がつくっています。わたしはノートやカード入れ、蛇腹の折り本のサンプルを展示していますので、お好きな布をお求めいただいて、これをつくってくださいとお店の方にお申し出ください。どうぞよろしくお願いします。



三月六日 月曜日(世界は言葉でできている)
1 of 43123...10...Last »